クレジットカード現金化をする人の目的とは?

クレジットカード現金化は現金が必要になった時の調達方法として重宝されています。
最低限のリスクで簡単に現金を手にすることができるからです。
では、クレジットカード現金化をする人は、どういった目的や理由でおこなっているのでしょうか?
今回はその一例を紹介します。

現金が必要なケースはまだまだ多い

キャッシュレス決済の普及とともに、現金が必要なくなったと思われがちですが、実際は現金でなければ対処できないケースはまだまだ多くあります。
何か買い物をしようと思っても、特に地方の場合はキャッシュレス決済に対応していないお店もたくさんあります。
また冠婚葬祭などでは、絶対的に現金が必要になってくるものです。
そしてキャッシュレス決済のなかでも多いクレジットカード決済では、時間差はあるものの当然のことながらカード利用分の支払いは現金でおこないます。
つい使いすぎて、翌月の支払いが難しいというケースも珍しくありません。

クレジットカード現金化をする理由

現金が必要になったときの現金調達方法は、なにもクレジットカード現金化だけではありません。
知人に借金をする、消費者金融で借りる、銀行のカードローンなど様々な方法があります。
しかしこれらの方法は全ての人が可能なわけではありません。
貸してくれる知人がいない、そもそもお金に困っていることを知られたくないという人もいるでしょう。
また消費者金融も銀行も借り入れに対しては慎重なので、厳しい審査に通過する必要があります。
また、これらの審査には時間がかかるため、急いでいるときには使えません。
そして信用情報の問題があります。
過去に何らかの信用ブラックになるような行為をした場合、最低でも5年はその記録が残るため借り入れ等が難しくなります。
その点クレジットカード現金化では、方法によっては対面することなく現金を調達することができます。
また家族や周囲の人に知られることもありません。
そして厳しい審査もなく、信用情報にきずがある人でも可能な方法なので、ほとんどの人が使える手段です。

クレジットカード現金化はあくまでも応急処置

このようにローリスクで簡単に現金が調達できるクレジットカード現金化ですが、本来の目的は一時的に現金を手にするということです。
そのため継続的に現金化をおこなうことはリスクが伴います。
まず、どの方法であっても少なからず手数料がかかるため、カードの利用額分の満額が現金として返ってくるわけではありません。
また、使用したカードの利用額は返済する必要があります。
だからこそ、応急処置としての現金調達方法なのです。
このことを忘れてしまうと、使用するショッピング枠がどんどん減っていき、いずれクレジットカード現金化じたいができなくなってしまいます。

まとめ

クレジットカード現金化をおこなう人の目的は、現金を調達することです。
それは現金でしか支払えないお店だったり、冠婚葬祭などでまだまだ現金が必要な場面が多いからです。
またクレジットカード現金化は他の現金調達方法に比べてハードルが低く、ほとんどの人が利用できる手段です。
信用情報にかかわらず利用できる方法は、そう多くありません。
しかし注意が必要なのは、クレジットカード現金化は応急処置的な方法だということです。
手数料が差し引かれるため、少なからず損をしていることになります。
それでも現金が必要な人がクレジットカード現金化という手段を選ぶのです。