他人名義のものでクレジットカード現金化はおすすめしない理由

自分名義のクレジットカードを持っていない、或は何らかの事情があって家族や友人のクレジットカードで現金化したい。
そんな人にとっては、他人名義のクレジットカードでクレジットカード現金化ができるのか、気になるところですよね。
結論から言えば出来ないことはないのですが、他人名義でのクレジットカード現金化はあまりおすすめできません。
なぜなら以下のような理由があるからです。

クレジットカード現金化業者を利用しにくい

クレジットカード現金化自体に慣れていない場合、頼りになるのが大手クレジットカード現金化業者です。
業者を利用することで効率的に、リスクを抑えての現金化が容易になるためです。
ただ多くのクレジットカード現金化業者が行っているのが、本人確認。
クレジットカードの名義を本人のものであることを条件にしている業者も少なくなく、他人名義のものであれば利用可能な業者が限られてきます。
別途他の書類で本人確認する方法もありますが、認めてもらえるかは業者次第といったところでしょう。
本人確認の一切必要ないクレジットカード現金化業者もないことはないのですが、詐欺などを目的とした団体に多いケースなので、そちらも積極的にはおすすめできません。

名義人との関係悪化の可能性大

クレジットカード決済の履歴は、明細に当然ながら残ります。
クレジットカードの名義人が確認して、見に覚えのない履歴があるなと感じるのであれば、その場でバレてしまう可能性は大きいです。
内緒でクレジットカード現金化をしたいという人は、そのことを念頭においてください。
またこれはどのクレジットカードでも言えることですが、クレジットカード現金化がカード会社にバレてストップがかけられるというリスクは常にあります。
それは単にクレジットカードが使えなくなるという意味合いだけでなく、信用問題にも発展する事態と捉えてください。
もし仮に利用停止となったとき、クレジットカード名義人とのあなたとの関係性がどうなるか、考えておくのも大切です。
亀裂が入って修復不可能な関係になるならば、その人名義のクレジットカードで現金化することに意味があるのか、もう一度よく考えてみてください。

まとめ

いかがでしたか?他人名義のクレジットカードでクレジットカード現金化をする際のリスクが、少しでもおわかりいただけたでしょうか。
このリスクを考慮してでもやっぱりクレジットカード現金化をしたいという人も中にはいるでしょう。
その場合には出来るだけクレジットカード会社にバレにくい形でクレジットカード現金化を行うといいでしょう。
そして可能であれば家族であれ友人であれ、名義人にクレジットカード現金化をすることについて事前に相談ができると良いですね。
本当にあなたが困っているなら、いい返事をくれるかもしれません。
自分の考えだけで決めず、他人を頼るというのも方法の1つです。
そしてもしこの記事を読んで自分名義のクレジットカードでクレジットカード現金化をしたほうが良さそうだと思った人は、これを機会にクレジットカードをつくってみるのも良いですよ。
クレジットカードは現金化以外にも、あらゆるシーンで役立ってくれます。