クレジットカード現金化で逮捕はされるの?

クレジットカード現金化はされてますか?クレジットカードで現金を発生させるというような仕組みのことを指すのですが、クレジットカード現金化というものは果たして安全なのでしょうか?また、犯罪なのでしょうか?それを調べていきます。

クレジットカード現金化とはそもそも何?

クレジットカード現金化はそもそもクレジットカードで商品をネットで購入します。
その商品は普通にネットショップで購入するという形になるのですが、そこからクレジットカードで支払って、そこからクレジットカードの現金化の業者に先ほどネットで購入した商品を売ることによって現金が発生するのでそれを得るという仕組みになります。
また、クレジットカードの支払い自体は生じますので気をつけてください。
また、キャッシュバックを利用して現金を得るというような仕組みもあります。
しかしながら、キャッシュバックはあまり普及してないです。

クレジットカード現金化は犯罪なの?

クレジットカード現金化は結論から言いますと犯罪ではありません。
なのでクレジットカード現金化をしていたとしても逮捕はされないです。
しかしながら、クレジットカード現金化の業者で違法なお店は逮捕されているというような事例があります。
クレジットカード現金化の業者に関しては貸金業法と出資法違反で逮捕されているというような現状があります。
また、クレジットカード現金化の業者は違法な会社というものがたくさんありますのでそういう面でも業者は逮捕されています。
しかしながら、先ほども記載したように利用者は逮捕されていないのです。

クレジットカード現金化はしても良いの?

そんなクレジットカード現金化なのですが、であればしても良いのではということを考えてしまいます。
クレジットカード現金化は安全ではないかと思ってしまうかもしれないのですが、それは要注意です。
クレジットカード現金化の利用者はネットショップとクレジットカードのアカウントを停止される可能性があるということが起きます。
また、そのほかにもそもそも利用者は逮捕されていないものの資金決済法に違反する可能性もありますのでもしかしたら逮捕される可能性は今後出てきます。

クレジットカード現金化は将来逮捕される可能性はあるの?

そんなクレジットカード現金化なのですが、将来的には利用者は安心できるものかというとそうではないです。
理由としては、クレジットカード現金化というものはそもそも先ほども記載したようにクレジットカード会社とネットショップ側では禁止されているような行為であるからです。
今後さらに取り締まりが強まれば国も動く可能性もあります。
また、ネットショップで買った商品を支払い前に業者に販売する現金化は横領の可能性もあるのでもしかしたら横領で今後逮捕される可能性も出てきます。
悪質な業者も多いので知らずに犯罪に巻き込まれている可能性もあります。
なので利用者も今後は安心できません。

まとめ

以上のようにクレジットカード現金化というものは本当に安心できないようなものになります。
クレジットカード現金化の業者も利用者もやっていることはグレーゾーンでありあまり良いことではないです。
今後さらに法律が新しくなっていけば逮捕もあり得ますので是非とも利用するのであればよく考えてみて下さい。
よく考えないと後悔します。